トップイメージ

車での事故は、自分自身だけの自損事故と他の人が関わった車での事故があります。

己だけの事故のケースでは自分自身だけで事故の対応をするだけで完了しますが、第三者が関わった事故はそれぞれにどのようなミスが存在するのかを確かめてその結果によって自動車の修理の費用や和解金かいくらのかなどが決定しますので、保険屋さんの担当者にも参加してもらい協議が必要不可欠です。

大部分の事故で互いにいくらかの間違いがある時が一般的で一方だけのミスを追及する時は多くありません。

当然ながら赤信号無視や一時停止で止まらなかったなどの交通違反によって起きた事故は多大なミスになりますが被害を受けた側にもミスがあったと指摘されます。

事故の場合にはどの人の過失で発生したのかということがたいへんポイントにされますのでそれを数値で示したのが「過失割合」(過失割合)です。

例として、先ほど述べた赤信号で進んでしまった、一時停止でもそのまま進んだ状況なら、法律では相手の人が全ての責任があるように思えますが、もしも事故を起こした車が前の方から近づいていて目で確かめられたケースだと被害者だったとしても注意不足であったとして10%ほどの手落ちが認められる事もあります。

つまりその条件では事故を起こした側が9割事故に巻き込まれた人が1割過失割合と結論付けされ責任が大きいとそれなりの間違いが問われます。

さらに車の事故の過失割合はそれまでの判例を参考にして決定される状況が大半で日弁連の交通事故相談センターから明らかにされている基準となる表等が基準として利用されています。

このような過失の数値が高ければ手違い結果として損害賠償額も大きくなりますので、事故に関する交渉は本人同士だけでなく車の保険屋さんの係りの方に参加してもらって冷静に相談する事が重要です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.thenetworkgirl.com All Rights Reserved.